物流の一元化、外食チェーン-最適購入、最適物流の実現-

不可能を可能にする物流

物流から資材購入サポートまで最適なシステムをご提案します

物流サポート

  • 発注先の一元化による合理化
  • 物流に関する問い合わせの一元化
  • 定期・定時での一括納品による荷受業務の負担軽減

資材購入サポート

  • 購入アイテムの同等品への集約
  • お客様の品質基準に合った商品の選定
  • 価格条件の見直し
  • 商品の購入実績と予測管理

物流サポートのご提案例 物流機能を一元化して外部に委託、 経営合理化に成功した大手外食チェーン

某大手外食チェーン様は、全国に1200以上ある店舗で使用する資材・消耗品を届けるため、社内に物流部門を設けて12箇所の物流センターから配送していました。かねてより資材・消耗品の供給を行っていた弊社が、食材を納入されている食品卸会社様と連携して食材と資材・消耗品を一括して納入する「物流の一元化」をご提案しました。
提案を採用されたお客様は、自社で保有していた物流施設や車両、物流部門が不要となり、更には各店舗の荷受作業が一本化されたことで店舗の業務が軽減されるなど、大幅な経営の合理化に成功されました。

現在、約2,500店舗の外食チェーン様に「物流の一元化」で、 最適購入・最適物流を提供させていただいております。

物流サポートのご提案例 全国一律の配送料金を可能にした、新発想の物流システム

とある全国展開されている企業様から、地域ごとに異なる配送料金を一律にすると同時に、物流のコストダウンも求められました。従来の1拠点からの配送ではなく、弊社の全国物流ネットワークを活用した多拠点からの配送を可能とする新しい物流システムを構築。お客様のご協力を得て、全国一律による配送コストを実現しました。

資材購入サポートのご提案例 購入資材を共通化することで、仕入れコストを低減

店舗の要望に応じて多種多様の資材を提供していた量販店チェーン本部の資材供給体制を見直し、類似した機能・用途を持つ異なった資材を1種類にまとめることで(同等品の集約)、取扱品目を減らすなどの資材の共通化を行い、併せて価格条件を見直した結果、仕入コスト低減に成功しました。

ジャストロジ事業部を支える スズカ未来の広域供給体制と物流ネットワーク

柔軟な物流ネットワークを組み合わせることで、広域供給にも応える最適な物流をご提案します。

柔軟な物流ネットワークを 組み合わせることで、広域供給にも応えられる 最適な物流をご提案します。主要都市に配置された直営営業拠点と、 外食産業向け全国物流10拠点で、 最適な供給体制をお約束します。