テイクアウトは弊社にお任せください!小ロットからの販売・提供で在庫ロスも軽減できます。


新型コロナウイルスの蔓延により、飲食店様でのテイクアウトの需要が高まっています。今回は弊社がお手伝いできるサービスを、テーマごとにご紹介します。

小ロットからの販売・提供

弊社の商品倉庫である亀山SSCには、約700点のテイクアウト関連製品がずらり。1袋からの供給が可能な、小ロット対応の製品がたくさんあります。店舗での利便性を追求し、在庫ロスも軽減できます。また、弊社のオリジナルカタログにより検索も簡単です。
ケース単位で大量に購入すると置き場に困りますが、小ロットなら必要な分だけ購入でき、置き場も綺麗に整頓できて安心です。

テイクアウト関連製品

弊社ではメインの容器だけでなく、箸やスプーンなどのカトラリー、さらにお持ち帰りに必要不可欠な袋など、関連製品も豊富にご用意。こちらも、弊社オリジナルカタログにて取り扱っております。

  • 種類が豊富だから、あなたの店舗にぴったりなカトラリーがきっと見つかります。
  • レジ袋有料化対象外の製品もご用意。環境に配慮した製品を使うことで、店舗のイメージアップにもつながります。
  • 保冷材やタレビンなど、テイクアウトの補完的な製品も欠かせません。

オリジナル商品のデザインをサポート

弊社専属のデザイナーが、貴社のおいしさの『隠し味』としてデザイン制作をお手伝い致します。オリジナルのロゴを使って、テイクアウトなどの商品に活かしてみませんか?
ロゴを商品に使用してオリジナル感を演出!

デザイン料金について

原則として、使用する資材等を購入いただければサービスさせていただきます。

食の安心・安全のサポート

食の安全を保障するためには、それを裏付けるための検査が必要です。弊社のマイラボ食品検査センターでは、厚生労働省が公開しているガイドラインに基づいた賞味・消費期限の検査が可能です。テイクアウト用に作った商品を検査して、より安全な消費期限を確認してみませんか?

弁当・そうざい類の賞味・消費期限検査

製造日から最終検査日までの間、菌の発生および数を確認し、品質劣化度合を評価します。
検査回数に決まりはありませんが、回数を分けて検査することで、より正しく評価することが可能です。ここでは、微生物学的観点からのみの評価となります。

<最終検査日の算出方法>
10℃保存(冷蔵保存イメージ)、消費期限36時間目標、安全係数=0.8の場合
消費期限36時間÷安全係数0.8=45時間 よって45時間後を最終検査日とします。
※詳しい設定方法は厚生労働省HP(https://www.mhlw.go.jp)『食品期限表示の設定のためのガイドライン』をご確認ください。